遊園地といえばコーヒーカップはどこにでもある、定番の乗り物だと思います。

先日、親子で動物園にでかけた時にすぐ近くの施設のコーヒーカップに子供が乗っていて大きな笑い声を上げていました。

その姿は微笑ましかったのですが我が子も羨ましがり、のりたいのりたいと騒ぎました。

私も子供の頃に乗って楽しかった思い出のあるコーヒーカップ、息子と一緒に乗りたいと思いました。

くるくるとゆっくりまわるけど、自分でももっと激しくまわすことができるのが面白くて思いきりぐるぐるまわって弟と大笑いしてはしゃいで乗っていた事を思い出しました。

そして乗ってみて、力の限りぐるぐるとまわってみたら息子が大喜びするので私も嬉しくなって思いきりまわし続けました。

たぶんアドレナリンがでていたと思います。

しかし止まってみたらすさまじく目がまわり、とても普通にしていられませんでした。

ここまで目がまわって気持ち悪くなったのは初めてだと思いました。

吐き気もでてきて、自分がどんな格好でどうなっているのか全く分からない状態でした。

どうして子供の頃は平気だったのか不思議になりました。

今度乗るときは主人にまかせようと決めました。
こうじ酵素 モニター