ある日、パソコンの調子がおかしいので見てほしいと連絡を受け、知り合いの家に向かった。

様子を見たところ、どうやら長い間パソコン内部の掃除をしていなかったため、内部にたまった埃が空気の流れを阻害し、熱暴走になっていた。

そのため、分解して中を掃除することにしたのだが、掃除と聞いて知り合いが取り出してきたのは、静電気で埃を取る払いであった。

一般的なデスクトップパソコンの分解や組み立てをする場合、特に気をつけなければならないこととして静電気の存在がある。

パソコンは精密機器であるため、一瞬とはいえ高圧である静電気にさらされると故障する危険が高いのである。

つまり、静電気を用いて埃を取る物でパソコン内部の掃除をすると、最悪、パソコンが壊れてしまう。

知り合いの家には、勢い良く空気を噴出するスプレーであるエアダスターがなかったため電気店で購入。

パソコン内部の埃を払い、中にあるケーブル類をまとめて空気の流れを改善することで、熱暴走は発生しなくなった。

パソコンに詳しくない人は、中身を掃除するなんてことは思いつかない人も多いとは思うが、年に一度はこういった掃除をオススメしたい。

パソコンの異常の中にはこういった原因もあるため、無駄にはならないはずだ。
みどり酵素の効果の説明はこちら